「小さな会社☆儲けのルール」 著者 栢野克己さんのセミナーを受けて

   

まいど。きょう(20日)は自分主催のランチ交流会がありました。その話は こちらで

昨日受けた 「小さな会社☆儲けのルール」 著者 栢野克己さんのセミナーで学んだことをシェアします。

img_8182

といっても3時間ミッチリのセミナーは内容が濃すぎて、なかなかまとまりません。

ひとことでまとめると、わたくしのような個人企業は、お客様になりそうな人のいるところに行って接近戦をする、大手企業がやらないような接近戦をすることだ、と教えていただいたような気がします。 来ていたかたのなかで、「心理カウンセラーになるための教材」を、まさかの接近戦で売っていたひとがいました。どんな方法かというと、詳しくは書きませんが、お客様になりそうな人に対する直接的な接近戦です。

大手企業がやらないような手間ひまをかけることも大事。客が来てから揚げ始める揚げパンが売れてるそうです。

客に作らせるのもいいですね。店の裏に葱畑があって、客が自分でネギを取ってくるウドン屋さんや、「うどん玉と麺棒を売る」店とか。

お客様の声を載せるのも大事です。

そして「経営理念(使命)、ビジョン、クレド」を掲げるのも大事。 社訓斉唱させるのもそういうことです。 さあ、あらためて「使命 ビジョン クレド」 文章化しようかね。

わかったつもりにならないで、実行するよ!

 - フリーランス日記