受け継ぐべきもの・技術・想い

   

まいど。京都の西陣にある「株式会社杣長(そまちょう)」様まで出向いておりました。

そこで天鵞絨(ビロード)の数々を見せていただきました。

西陣はかつて、天鵞絨の産地だったそうですが、時代の変化とともに天鵞絨を生産する業者は減り、いまでは杣長さん1社だけになってしまったそうです。そして杣長さんでも、現在主に作っているのは、天鵞絨ではなく、天鵞絨製造の技術を活かした、

化粧用パフの布地だったり、液晶画面製造工程で使うラビングクロスだったりするそうです。

天鵞絨に似たようなものを安くつくるところが登場してしまったのですね。


ここに明治大正期の天鵞絨の見本帳があります。

その織りや造りの、ひとつひとつの細かさに圧倒されました。

しかし、こういったものを織る技術も途絶えてしまったのだとか。


杣長さんの製品には、「杣長」という屋号がついていません。世に出るときには「SHISEIDOの化粧パフ」だったりするなど他社のブランドになっています。

杣長の製品が「杣長さんの」ものとして世に出て、愛されて、作る人と求める人の笑顔がこの西陣にあふれるような、

そんなことをやってみたいなと思うのです。

この御縁は、もともとは、こちらの取締役様が、関西人脈塾講演会にいらっしゃったことからはじまりました。

何が起こるかわからないものですね!


追伸

こういった、紅白の化粧パフを頂きました。

あ、僕が使うんじゃないですよ。


 

 - フリーランス日記