0から1を作る人、1を100にするひと、100のものを広めるひと

   

なかのです。きょうはある組織のプレゼン資料作りのため、事務所で缶詰になり、あーだこーだ話し合ってました。


きょう話し合ってたふたりは、たまたまですが、システム開発とかウェブ系といった、誰かのアイデアややりたいことなど、漠然としたものを具体化することが多い仕事。

組織のなかでも自然と、なにかをかたちにする役目になってしまうようです。

結局4時間も話し込んでました。

ひとには3つの役割があり、それぞれ得意不得意があると聞いたことがあります。

「0から1を生み出すひと」

「1を100にするために形づくったり仕組みを作ったりするひと」

「出来上がったものを普及するひと」

それは生まれ持った性質であったり、職業生活のなかで染み付いた習性だったりするようです。

3つの要素の、どれが欠けても、物事は生まれないし普及しません。

それぞれ自分の得意を意識し、残りの2つに敬意を払い、3者でともに歩きたいものですね。

自分のとこの話題で恐縮ですが、関西ユアブリッジで主催してるランチ会の場合、


山野さん(左)が実は言い出しっぺです。なかの(右)が具体化し、薮知子さん(真ん中)がいろんなひとに紹介してくださったことで、続いております。

山野さんが0から生み出してくださったものを、僕が100にできたのか、2くらいなのかは、わかりませんが、

この3人の組み合わせって偶然ですがおもしろいですね!

たまには宣伝しよう。ランチ会の案内はこちら

 - フリーランス日記