知恵と経験を自力でお金に変えた初めての日から5年

   

まいど。あれは2011年10月3日のこと。ある勉強会で知り合ったひとたちにFacebookの使い方(プライバシーの守り方、投稿を見せる範囲の設定方法など)をお伝えしてたら

何人かのかたから「ちゃんと教えてほしい!」

とご依頼いただいたので、当時いた会社の近くにあったパスタ屋さん(木本屋)に集まってもらって、おひとり500円いただいて講座をしました。

何故、木本屋さんだったかというと、当時まだ珍しい「コンセントが使える」店だったからです。

このときに、自分の得た知識を知りたいひとがいる、知識に対して対価を払おうとするひとがいる、ということに気づきました。

いま思えば、もともと塾講師だったので、そんなことは「塾」というシステムの下で行ってたはずなのですが、塾という看板がない状態で「わざわざ自分を指名してくださる」のは初めてでした。

その後、ある経営者さんのところに呼ばれてiPhoneの使い方を教え続けたり、Facebookやブログの使い方を教える講座を開いたり、などなど。 ときには、「やっぱり自分でつくるのめんどくさいからブログ作ってください」とご依頼いただくこともありました。

これがいまの「ブログ講座」やホームページ作成の原点であり、また、妻の整理収納講座新名紗さんの「恋愛バランス3キャラ講座」を作るお手伝いをする原点でもあります。


 

誰にでも、他人にはない知識があり、誰にでも、他人にはない体験があります。

資格、学問、起業経験、経営経験、営業経験、恋愛経験、育児経験、借金経験、なんらかの失敗経験などなど。

それらには必ず、それを聞きたいかたがいます。なかには、そこに大きな価値を感じ、対価を払いたいというかたが居ます。

誰でもが先生になれる学校をつくろう! それが自分のやりたいことだと気づいたのも、5年前のちょうど、このころでした。

あるセミナーで「お金と人脈が自由に使えるとしたら何がしたい?」と聞かれて、「誰もが先生になれる、大人の学校を作る!」というビジョンが浮かんできたんです。

お金が自由に使えたわけではないので(笑)その歩みはすこしずつですが、ミリ単位でそのビジョンに近づきつつあります。

dscf8454

阪神タイガースの2016年シーズンは早めに終わってしまったので、落ち着いて取り組めますな。

 - アメブロカスタマイズ