プロと素人の境目とは?

   

まいど。きのう出会ったかたが、WiXという、パワーポイントみたいな操作でホームページが作れる仕組みを使って「知り合いのホームページをつくった」とおっしゃってたので、

『それ、(次の機会から)お金をもらって仕事にしてみたら?』

とお伝えしたら、

「いやー、自分なんてまだまだですよ」と遠慮されました。

まあ、でも、本当に安く安く作りたい!看板がわりでいいから!というひとは少なからずいらっしゃるでしょうから、そういうかたと接点があれば、仕事としてたのまれることはあります。きれいにつくれば、喜んでもらえます。

僕だって、ホームページ作成稼業は、もともとは仕事にするつもりはなかったのですが、

ブログのつくりかたをお伝えしてたところ、

『自分で作るの面倒なんで、なかのさんにまかせたい!作れる?いくら!』

『やります!では●万円でいかがっすか』

『お願いする』

というのがきっかけでした。

いまは、『コミュニティを作りたい』とおっしゃるかたの、ホームページからSNSまでおまかせいただいたり、そしてときには運営全般まで関わることもございますが、最初のきっかけは、ちょっとした境目を飛び越えたことにありました。

 

なにかの資格やちょっとした専門知識を身につけたときに、それを仕事にする『プロ』とそうじゃないひとの境目って、案外、本人の気持ち次第なのです。

  • 資格や専門知識でひとの役に立とう!と思う気持ち。
  • 報酬を金額で表現して相手に提示する少しの勇気。

あとは、その仕事が、相手がじゅうぶんに価値を感じるような、価格に見合った仕事内容であれば、リピートや紹介がおきます。

境目は自分自身が作る。多くの方が境目を取り外していって、『働きかた改革』をしていただけたらなとおもいます。

大人の文化祭「がんばろう関西 マッチングフェア」。

得意を仕事にする、境目を自分で外したかたが、多くいらっしゃいました。

 - フリーランス日記