タクシーの運転で『事故おこすんちゃうか』と驚いた話。

   

まいど。きのうのパーティーで、二次会の会場が離れてたので、


グーグルマップをもとにして地図を作って、二次会に行くかたにお渡ししました。

自分もお客さんをタクシーに乗せて移動するときにこの地図をつかったんですが、

地図がわかりにくかったのかなあ。

運転手さんがいきなりナビを取り出して、住所検索はじめたんですよ。

地図の立場は?とおもったのですが、まあいいや、多分もっとスゴイルートを検索するに違いないと思って、流れに身を任せました。

ここで『ナビを取り出して』って書いてるところにもどってみて下さい。『取り出す』って、なんかおかしくないですか?ふつう、ナビって、『ついてる』ものではないですか?でも、取り出したんです。薄いタブレットPCみたいなナビを。

そして信じられないことは更に続きます。

彼はそのナビを左手に持ちながら運転を始めました。

まさかの片手運転です。ワイルドです。大阪市内の、建物に挟まれた細い道を。

さらに、『これ、四ツ橋筋に出たらいいですよね』って運転手さん自身が言ってたのに、ぼくが片手運転にドキドキしてるあいだに、何故か、一本西側にある『なにわ筋』まで出てしまいました。 さっき載せた地図で一番左側を縦に走ってるふとい道です。

これ、回り道です。遠回りです。二次会会場に着いたら、後からタクシーに乗ったはずの人がもう着いてました。

 - 未分類