場所に関する記憶って、あてにならないよね、というハナシ

   

まいど。きょう、大阪の本町に出掛けて、船場センタービル地下2階のとある喫茶で打ち合わせをしていたときに、ふいにノートがほしくなりました。

以前、勤めていた会社の営業所が本町にあったとき、いつも使っていた文房具屋のことを思い出しました。そう、たしか、一番近い文具屋は、そこだったはず。というか、文具屋はこの近辺では、そこか、船場センタービルの南にちょっといったところにしかなかったはず。

その文房具屋は船場センタービルから出て、北に、4筋くらい歩いたところにあります。じゃあ、そこまで歩いていってみようかねーとおもって、地下2階から地下1階に上がったら、なんと、

地下1階に移転してきてました。

まあ、びっくり。歩かなくてよかったじゃん。

営業所には4年ほどいて、そのあいだ、この文房具屋には何度も何度も行きました。そのとき見慣れた什器も移転してきてたし、レジの見慣れたおばあちゃんも移転してきてたし、そらもう感激ですわ。

で、そこで買い物を済ませたあと、「じゃあ、もともと、この文房具屋があったところは、どうなってるんだ?」というのが気になりました。

文房具屋があったはずのあたりにいってみたのですが、

なんと、

どこにあったのかわからなくなったんです。。

このあたりにあったはずだというところにいってみたのですが、店の存在が思い出せなかったのです。

しばらくそのあたりをうろうろしていたのですが、次の予定もあったので、そこから離れました。

で、離れながら、スマホを使ってためしに文房具屋の名前で検索してみたところ、

こんな写真を発見。おお!これ! こんな感じでしたの!

ビルの1階に赤い『文具』って看板があって、Tポイントカードのノボリがあって、そうそう!

・・・・・

で、この写真を見て気づいたことがありました。

当時、文具屋に行くときに、

「文具」という赤い看板だけを目印にしてたということに。

他の目印、なかったんかーい!

今は当然、そんな看板、撤去してるでしょうから、そら、そんなんを目印にして探してたら、いま、文具屋の跡地なんか、みつからんわけです。

ぎゃふん。


 

ほな、せっかくなので、もういっぺん、宣伝しときましょか。

「地図をグルグル回しても 全然わからない人の 方向オンチ矯正読本」


 - フリーランス日記