稼ごうと考えるから稼げない。欲のないひとに出会った話

   

まいど。昨日夜、「大阪とらふぐの会 佐一郎屋敷」に美味しいふぐ料理を食べに行きました。

会員制のお店で、会員か、会員と同席でないと、入れないですが、僕は会員ではありません。

これは、12月に開催した 関西人脈塾講演会(ベストセラー作家 ひすいこたろうさん講演)にたまたま来場し、そこでしゃべっていただいた規格外の人生にひすいさんも参加者一同も驚いてしまい、次回2月の講演が決まってしまったという 古田真一さんが、ここのオーナーであることから、関西人脈塾のパートナー主催者であるInuiさんが企画し、実現したものです。

古田さんはここのオーナーでありますが、一方では保険の代理店として、独立1年目で、優秀な販売成績を収めた人に与えられるMDRTという資格を獲得されました。以後、6年連続でMDRTを獲得されます。顧客も1000名を超えるようになりました。
そして、この度、最上級のTOTまでも取得されることになりました。

その秘訣をお尋ねするのですが、つねに「目の前のお客さんに楽しんでもらおうとおもって」という言葉しか出てきません。

純粋にそれだけを追い求めておられるのだとおもいます。

そんな、本当に欲のない古田さんが作り出した空間で過ごした時間は、至福のひとときでした。

古田さんが生まれ育った場所でもある美しい屋敷、

生まれてから45年のあいだに出会った『ふぐ料理』の概念を根本的にくつがえす量と味と演出。

夫婦合わせて30000円になる飲食代が『払ってよかった!』と心から思えました。

ここに来れたのは、12月の講演に来てくださったベストセラー作家ひすいこたろうさん、ひすいさんを呼ぼうと声をかけてくださったInuiさん、妻をはじめとしたお手伝いくださったかたがた、講演会に来てくださったかたがた、講演会をやってる私にお役目をくださったかたがた、全てのおかげでございます。

全てに感謝したくなる空間と味と時間でした。
目の前のひとに楽しんでもらう。それが結果として仕事になる。人が集まる。

仕事をしてるひとならだれでもわかってるはずのことですが、純粋にそれだけを追求し続けてる!と自信持って言える人は少ない。

売りたい、損したくない、お金が欲しい、払いたくない、自慢したい、認められたい、それらのが、つい、出てしまいます。

人間だもの。それらが出るのは、しかたないのね。欲のないひとに出会うと、欲張りな自分が恥ずかしくなる。恥ずかしくても、いいじゃない。欲張りな自分の存在に気付き始めると、欲のない空っぽな自分に戻れる気がします。


そんな古田さんに会いませんか?2月25日(土)午後に 古田さん史上初の講演をおこないます。定員70名ほどですが、もう40名くらいの申し込みいただいてます。

ちょっと欲張らせていただいて(笑)もうちょい多くのかたに来てほしいなとおもってます。

案内はコチラ

https://jinmyakujuku.com/2016/12/03/post-103

 - フリーランス日記